古物商許可に関する基礎をご紹介!

個人が不要になった私物をネットオークションなどで売って、利益を手に入れることには何も規制はありません。
しかし、リサイクルショップなどを本業として収益を出している人は自営業者扱いとなり、古物商許可の申請が必要です。
古物商許可は警察の公安委員会が管轄するため、最寄りの警察署で書類をもらい、書類に記入して後日、再び警察署で申請します。
書類の確認や手数料納入などで、ほぼ丸1日潰れるため、時間に余裕を持って警察署に行かなければなりません。

古物商許可が必要なケースとは?

古物商許可が必要なケースとは? 昔は質屋や骨董品屋で不要な物を売ったり買ったりしていましたが、現代ではインターネット上で不要になった物をオークションに出したり、欲しい物をフリーマーケットで買ったりと随分手軽になりました。
個人で私物を売買するだけならかまいませんが、リサイクルショップやネットオークションを本業として転売などで収益を出している人は、自営業者になるため古物商許可が必要です。
古物商許可は、まず警察署の公安委員会の古物商担当へ古物商許可申請書と誓約書、略歴書と使用承諾書をもらいに行きます。
業務内容の確認や、会計窓口での申請手数料の納入など時間と手間がかかるため、1日で済まそうとせず、書類全てに必要事項を記入してから、後日に申請書と添付書類を持って再度警察署に行くのが得策です。

古物商許可が不要なケースとは?

古物商許可が不要なケースとは? 古物とは、簡単にいえば中古品や新古品の事です。中古品は一度は使った事があるもの、新古品は使った事はなくても使おうとして開封したりした事がある物になります。
これらを業として販売するものが古物商です。ここでポイントになるのが、業とは何か、という事です。
業とはお役所言葉で、一般にはあまり使うことがありませんので、ピンとこない人も多いと思います。
この業とは、簡単に言えば職業の事です。つまり仕事として古物の販売を行うのが、古物商です。
それでは職業の特徴とは何でしょうか。
まず儲けること、そしてある程度継続的に行うこと、この2点が職業の特徴といえます。つまり古物を安く仕入れて来て、高く売って儲けを得るという行為を継続的に行う事です。
こういう定義があるということを踏まえると、古物を売っていても古物商の許可が不要なケースがあることが分かります。
それは一般の人が安く古物を売る場合です。フリーマーケットで自宅の不用品を売るとか、リサイクルショップに不用品を持ち込んで買い取ってもらうという行為は、古物を売っていることには変わりありませんが、その古物はほとんどが、売値よりも高い値段で買っているはずです。
つまり、儲かってはいないので、業とはならないのです。
従って、フリマで一般の人が古物を売っても、古物商の許可は不要です。

古物商関連のお役立ちリンク

最短翌日の古物商許可申請書取得支援センターのサイト

古物商

新着情報

◎2018/6/1

通信販売でも古物商
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

副業で古物商
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

日本国籍じゃない場合
の情報を更新しました。

◎2017/11/8

取得とそのメリット
の情報を更新しました。

◎2017/9/5

「古物競りあっせん業」とは
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

サイトを公開しました

「中古 売却」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%AD%E5%8F%A4%E3%80%80%E5%A3%B2%E5%8D%B4): failed to open stream: Operation now in progress in /home/z3d9sxj6/phentermine375mgcapsule.com/index.html on line 1